一般廃棄物許可の申請の流れ

まずは、役所と事前相談!

まず、この状況を知っておきましょう。基本的に、新規の業者の参入について、行政は否定的な考え方を持っています。そもそも、業者数が多いので、よほどのことがない限り新規参入は難しい分野といわれております。(一昔前であれば、新規参入も容易でしたが、いまは簡単ではありません。)

事前相談により、①その自治体の状況を聞き、許可制度とその他組合等の概要を聞き、②参入事業者の内容や経歴を確認し、実際に搬入予定があるかないかをチェックします。③それでも、なお、許可がほしいかを確認し、申請書類を渡すといった流れに一般的にはなります。※ここで、だいたい許可が得られるか、得られないかが分かれます。

一般産業廃棄物処理業許可申請書の事前確認

事業者が提出した、許可申請書と添付書類を確認し、収集運搬車両と保管場所の確認をします。

一般廃棄物処理業の許可申請書の提出

申請書を確認し、一般廃棄物処理業許可申請書を2部(正副)提出します。その時には、申請手数料を支払います。(自治体によって数千円~数万円となります。)
審査期間は、1か月から1か月半となります。

一般廃棄物処理業許可証の交付

申請内容等の審査をし、許可要件に適合していると判断されたときに、一般廃棄物処理業許可証及び収集運搬車両証が交付されます。

以上のような流れになりますが、産業廃棄物収集運搬の許可と一般産業廃棄物収集運搬の許可は異なるので、絶対に間違った処理をしてはなりません。罰金等の罰則の対象となります!

建設業許可・産業廃棄物運搬等の申請に関するお問い合わせ

建設業許可や産業廃棄物運搬、入札等の申請やお手続きに関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「建設業許可サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- 建設業許可サポート埼玉 All Rights Reserved.