一般廃棄物許可の要件と基準

一般産業許可を受けよとするものは以下の許可要件に適合しなくてはなりません。(H26.6月現在の秩父広域連合の規定による)

一般廃棄物許可の要件

1.組合による一般廃棄物の収集、運搬が困難であること

2.許可申請内容が、組合で定める処理計画に適合していること

3.事業の用に供する施設及び申請者の能力がその事業を的確に、かつ、継続して行うに足りるものとして環境省令で定める基準に適合していること

4.申請者が(法人であれば役員)が次のいずれの者でないこと
※成年後見人もしくは被保佐人は破産者で復権を得ないもの
※禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることができなくなった日から5年を経過しないもの
※仕事で許可等を取り消された企業の役員等であった
※その業務に関し不正または不誠実な行為をする恐れがあると認めるに足りる相当の理由があるもの
※営業に関し、成年者と同一の能力を有しない未成年者の法定代理人が不誠実である場合等

一般廃棄物許可の基準

一般廃棄物の収集・運搬の基準

1.収集と運搬は、一般廃棄物が飛散し、流出しないようにすること

2.収集と運搬に伴う悪臭、騒音、振動によって、生活環境保全上支障が生じないよう、必要な措置を講ずること

3.一般廃棄物の収集または運搬のための施設を設置する場合には、生活環境保全上支障を生ずるおそれのないよう必要な措置を講ずること

4.運搬車、運搬容器、パイプラインは、一般廃棄物が飛散し、流出し、悪臭の漏れるおそれがないことを講ずること

収集運搬を業として行う場合の基準

<施設に係る基準>
※ 一般廃棄物が飛散し、流出し、悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運搬船、運搬容器等の運搬施設を有すること

<能力に係る基準>
※一般廃棄物の収集または運搬を的確に行うに足りる知識、技能を有し、継続して事業を行うための経理的基礎を有すること

<その他>
※一般廃棄物の運搬先が確保されていること
※運搬先は一般廃棄物を適正に処分することができる施設であること
※運搬車を用いて、収集、運搬を行う場合には、運搬車は交通の危険を生じさせ、または他人に迷惑を及ぼすおそれ(整備不良や排気ガスの規制外の車両)のないもの
※運搬車の保管場所が確保されているもの

建設業許可・産業廃棄物運搬等の申請に関するお問い合わせ

建設業許可や産業廃棄物運搬、入札等の申請やお手続きに関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「建設業許可サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- 建設業許可サポート埼玉 All Rights Reserved.