解体工事の許可新設について

国交省は、建設業許可の業種区分に「解体工事」を新しく作ることを決定しました。今まで、「とび・土工・コンクリート工事」の中に解体工事も含めていたが、これからは切り離す方向で話し合っているようです。

1971年以来の業種の追加となるので、戸惑うところも多くなりそうです。それに合わせて、工事の内容や例、区分の考え方も変わる予定です。

さらに、今後も時代の変化もめまぐるしいので維持管理・更新への対応などもかんがみて、さらなる業種区分の追加も考える方針であることも示した。解体工事は、事故が多く、また環境への課題もあるが、業種の新設で適切な施工管理につながることを期待している。いまのところ行政では、解体工事とは、工事内容を「工作物の解体を行う工事」と例示している。

さらに、他の業種でもガイドラインが追加された。

 とび・土工・コンクリート工事

※例示 法面保護工事 切断穿孔工事 アンカー工事等

 屋根工事

※例示 屋根一体型の太陽光パネル設置工事

 電気工事

※例示 太陽光発電設備の設置工事

建設業許可・産業廃棄物運搬等の申請に関するお問い合わせ

建設業許可や産業廃棄物運搬、入札等の申請やお手続きに関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「建設業許可サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- 建設業許可サポート埼玉 All Rights Reserved.