施工体制台帳、施工体系図の作成(建設業法第24条の7)①

2011-02-25

施工体制台帳、施工体系図の作成(建設業法第24条の7)

建設業法では、建設業法の適正な施工を確保するため、施工体制台帳や施工体系図の作成を義務付け、これを通じて特定建設業業者が、施工体制を明確に把握し、建設工事の適正な施工に努めるとともに、下請負人に対する適切な指導等を行うことを求めています。

1.施工体制台帳、施工体系図の作成をしなければならない工事

次のいずれにも該当する場合は、作成を義務付けられています。

・特定建設業者が発注者から直接仕事を請け負った場合
・下請契約の総額が3,000万円(建設一式は4,500万円)以上となる場合

※施工体制台帳を義務付けられる特定建設業者を「作成特定建設業者」といいます。

記事のテーマ:

建設業許可・産業廃棄物運搬等の申請に関するお問い合わせ

建設業許可や産業廃棄物運搬、入札等の申請やお手続きに関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「建設業許可サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- 建設業許可サポート埼玉 All Rights Reserved.